MENU

着物はどんなものにリサイクルできるの?

もう使わない着物や古い着物をどうしようか検討している時に、真っ先に売却を考える方は多いのではないかと思います。
着物は管理が大変ですし、確かにかさばります。もう着ないなら買取をしてもらった方がいいのではないかと思うかもしれません。

 

しかし着物は中古の売却が難しいという特徴があります。
普通のリサイクルショップの中には買取を拒否するところもありますし、安い値段しかつかないことも珍しいことではありません。
売却をするなら専門で着物買取をしているお店を探すことになることが多いため、これがけっこう手間だったりします。
確かに売却も良い方法ではあるのですが、他にも色々な方法がありますので検討してみるのはいかがでしょうか。

 

売却以外の着物のリサイクル方法としては、リメイクがあげられます。
リメイクとは他のものに作り直すことです。せっかくの綺麗な柄の生地です。
そして、家や自分の歴史が詰まった思い出の品物です。
かさばって取っておくのが難しい、一部に虫食いができてしまってもう着られないということなら、処分より生まれ変わらせる方法を選択してみてはどうでしょう。

 

着物を持ち込むと、色々な物へリメイクしてくれるお店があります。
代表的なリメイク品としては、ドレスやコート、スカート、バッグなどです。
私服に作り直してもらえばまさに和風モダンな装いになりますね。
印象的な柄の部分を効果的に使い、思い出の品を生まれかわった新たな品として手元に置くことができます。
普段の服に小物として合わせても素敵ですね。

 

お店の持ち込むだけでなく、裁縫の得意な方は自分で作ることも可能です。
着物の柄は綺麗ですから、自分や家族の服や小物用の布地として重宝します。
お母さんは娘さんとおそろいの服を作ってもいいですね。
また、全てを着物の生地で作るのではなく、普通の生地で服やスカートを作って、そこにさし色のように和柄の生地を使うという方法もあります。
このように売却だけでなく、服や小物にリサイクルする方法もあるのです。

更新履歴