MENU

着物と一口に言っても振袖や訪問着、留袖、浴衣など色々な種類がありますがそれぞれリサイクルショップやインターネットオークションなどで着物買取をしてもらうことが出来ます。

 

買い取ってもらえる先は色々あるのですが、一番メジャーなのは着物専門のリサイクルショップです。

 

「たんす屋」など全国展開しているお店も増えており、いろいろな種類のものを買い取ってもらえます。
新しい着物から、古いレトロなものまで買い取ってもらえるのが嬉しいですね。

 

帯やバッグなどの小物類もOKです。
こういったリサイクルショップでは大体定価の20分の1〜30分の1ぐらいの買取相場なのでかなり安めです。
ただし、比較的新しいもので状態がいいものであればそれ以上でも買い取ってもらえることもあります。

 

また、1つの店舗だけでなく複数店舗で買い取り価格を査定してもらうのもおすすめです。
1店舗目で納得できる価格を査定してもらえなくても2つめのお店ではより高い価格で査定してもらえることもあります。

 

次に、インターネットオークションやメルカリなどのフリマアプリの場合ですが、こちらは人気のものであれば定価近くで買い取ってもらえることもあります。

 

ツモリチサトなどの有名ブランドのもので人気デザインで完売しているものなどであればチャンス大です。

 

しかし、逆にノーブランドで状態もあまりよくなく、ありきたりのデザインのものであれば買い取ってもらうことも難しいことが多いです。

 

個人対個人の取引になるので、お店と違って「自分が買う」と思わなければずっと売れないのがオークションサイトやフリマアプリの特徴です。
誰かにすぐ売れるぐらいの需要はあるのではないか、と思えるものはそういったインターネット上サイトで販売しそれ以外のものはリサイクルショップで売るというのが一番おすすめです。
不要なものははやめに売って処分して少しお金にして、新しい着物を着て素敵に和服ライフを送りましょう。