MENU

着物を売る時に気をつけるポイントは?

古くなったり、純粋にもう使わなくなってしまったり、置く場所がなかったりと、着物を売却したいという理由はそれぞれではないかと思います。
リメイクする、欲しい人にもらってもらう、処分するといった方法がありますが、多くの方が真っ先に考えるのが売却ではないかと思います
。売却すれば多少なりとお金になるので、捨てるよりだったら売りたいと考える方も多いことでしょう。
しかし、着物の売却には注意して欲しいポイントがあります。
ただお店に持っていけば高値で引き取ってもらえるなんて考えていませんか?

 

着物を売る時に気をつけるポイントは二つです。

 

一つ目は、引き取りをしていないお店がけっこうあるということです。
たくさん流通している私服は古着屋であればたいてい引き取ってくれるのですが、着物の場合は話が違います。
お店によっては持ち込みをしても買取を拒否されることがあるのです。
お店側には在庫を置いておく場所のキャパシティの問題があります。

 

着物はやはりかさばりますので在庫として持ち続けるのも大変です。
また、保存が難しくちょっとしたことで傷んでしまいますので、買取をした後に価値が下がってしまうというお店側の懸念もあるようです。
買い取ってくれないお店が多いので事前の確認が必要であることは覚えておきましょう。
買取をやっているかどうか曖昧な場合はお店側に要確認です。

 

着物の買取りをしてくれる専門店もありますので、そういったお店に売るのが査定の面でも安心ではないでしょうか。

 

もう一つの注意点としては、着物の付属品を一緒に売るということです。
高価な着物には証紙が付属しています。証紙とは、身分証明書のようなものです。
統書と言い換えてもわかりやすいかもしれません。

 

どこの工房でどんなふうに生み出されたかがこの証紙を見ることによって買取り店側にわかりますし、証明となるわけです。
この証紙があるのとないのとでは買い取り額が変わってくることが多いので、きっちりセットで持ち込みをしましょう。